全国の温泉・旅館の新着クチコミ

ログイン 新規レポーター登録

New kuchikomi
新着クチコミ

2021

05/04

喜久屋旅館 (甲信越/新潟県)
4.7 食事4.5 風呂5.0 施設4.5 景観5.0 サービス4.0 CP5.0
883 16201159302021/05/04lancertaketo/reporters/883吊り橋と宿
883 16201155782021/05/04lancertaketo/reporters/883看板犬ハッチー君
883 16201155202021/05/04lancertaketo/reporters/883朝食ひと通り
883 16201154702021/05/04lancertaketo/reporters/883朝食お品書き
883 16201154302021/05/04lancertaketo/reporters/883デザート(ふきのとうシフォン&アイス、豆乳ホイップ、いちご)
883 16201152612021/05/04lancertaketo/reporters/883村上牛(右)と神戸三田牛(左)
883 16201151942021/05/04lancertaketo/reporters/883お造り(ヒラマサ、イシモチ、マゾイ)と紅菊芋スープ
883 16201151032021/05/04lancertaketo/reporters/883先付(山菜盛合せ)と前菜
883 16201150252021/05/04lancertaketo/reporters/883夕食お品書き
883 16201149852021/05/04lancertaketo/reporters/883露天風呂4
883 16201149542021/05/04lancertaketo/reporters/883露天風呂3
883 16201149142021/05/04lancertaketo/reporters/883露天風呂2
883 16201148802021/05/04lancertaketo/reporters/883露天風呂1
883 16201148292021/05/04lancertaketo/reporters/883内風呂の露天
883 16201147922021/05/04lancertaketo/reporters/883内風呂の内湯
883 16201147442021/05/04lancertaketo/reporters/883テラスより外を望む
883 16201146142021/05/04lancertaketo/reporters/883ベッドルーム
883 16201145642021/05/04lancertaketo/reporters/883ダイニング
883 16201145122021/05/04lancertaketo/reporters/883エントランス
お部屋の露天風呂が最高!CPも良し!

2021-4-30宿泊。GWということで待望の東北方面遠征旅の初日に寄りました。ずっと気になっていたお宿ですが片道約400kmの場所のため、やっと機会に恵まれました。現在の宿名は「四季の郷 喜久屋」というそうです。
自宅から約7時間、途中関川村の猫ちぐらを製作実演している「地域文化交流施設ちぐら」など寄りつつ時間調整し、鷹の巣駐車場に14:00INの5分前に到着。宿へ電話し、シャッター付きの指定の駐車場へ案内頂いた。その後宿の車で吊り橋を渡り宿へ。吊り橋は物資やお客を運ぶ時のみ通行可能とのことで、軽自動車がやっと通れる幅であり、送迎して頂かなければ無理でした(笑)。
エントランスはフロントがあるのみ。そこで消毒、体温測定、宿帳記帳を済ませてチェックイン、すぐにお部屋へ案内となった。各部屋は全て離れのため外廊下で繋がっている。数十秒歩いて予約した「和楽荘」に到着。見た目は平屋の一軒家ですね。
「和楽荘」を選定した理由は、完全離れでありお風呂が3つ、食事はダイニング、寝室はツインベッドである点。メゾネットの春蘭という1、2階それぞれに風呂がある部屋と迷ったが、過ごしてみて結果良い選択であった。
いざ室内へ入ると踏み込み3畳程度、その周りにトイレ、洗面所、洗面所奥に内風呂と水回りが集約。さらに進むと6畳のダイニング、10畳のベッドルーム、4.5畳のテラス、一番奥が露天風呂付ウッドデッキとなっており、一級河川の荒川に面した眺めの良いスペースとなっている。縦に長く広いお部屋であり何とも贅沢な気分であった。
他部屋の特徴としてはダイニングと寝室にはそれぞれエアコン&TVが完備。冷蔵庫は踏み込みにあり中身はお酒の類が多めで全て有料。ドリップコーヒー、紅茶ティーバックは多めにセットされている。ネスプレッソなどは無い。アメニティーは洗面所に集約されている。部屋着は浴衣がスタンダードのようであるが、予約時に予め確認して作務衣をお願いしており、ご丁寧にM/Lサイズそれぞれ2着ずつ用意されていた。懸念すべき点はテラス、トイレ、洗面所はこの時期でも結構寒く、冬は恐らくメチャ寒いであろう。お部屋の清掃状態は良く隅々まで綺麗であった。
温泉はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉。源泉掛け流しですが源泉温度が54℃前後のため加水あり。但し共同風呂(大浴場)が新型コロナの影響もあり使用できず残念。HPによれば冬季12~3月はもともと使用中止されていたようですが、コロナで使用しない期間が長引き、あちらこちらが痛んでおり見るも無残な姿と化していました。
その分、お部屋に3つ風呂があったことで救われました。内風呂は洗面所兼脱衣所から一歩入ると内湯があり、サッシを開けると露天の設え。内湯に源泉と加水用の蛇口があり、好みの温度に出来る仕組み。露天は衝立があって眺望はないが、小さいながら湯舟が2つ有ってなんとも贅沢。一方露天風呂は目の前に荒川の開けた景色が広がり、新緑も映えて絶好のロケーション、こちらも湯舟脇のデッキに蛇口が2つあり源泉温度を調節可能。ウッドデッキにはイスとテーブルも設えてあるので、飲み物など傍らに置いていつまでも入浴出来てしまう。これほど気持ちの良い部屋付き露天風呂は今まででトップクラスと思います。そんな訳で共同浴場には入れなかった残念な気持ちはいつしか吹っ飛んでいました。
お料理は山菜をメインに地元食材を中心とした田舎風懐石という表現が適切でしょうか。山菜の種類が豊富で、都度説明を頂きましたが知っている名前は半分くらいでした。様々な調理法と味付けで、どれも美味しく頂いた。山あい、川岸という景観の割には日本海まで近いので、お造りの魚も他の旅館ではあまりお目にかからないものでした。また今回は牛肉食べ比べプランとしたため、地元の村上牛と女将さんの故郷の神戸三田牛を石焼ステーキで頂いたが脂身が甘く、とろけるような美味しさを堪能した。お料理に派手さはないがひとつひとつ丁寧に作られており完食しました。朝食も地産地消の新鮮な食材がふんだんに使われており、食材そのものの味も濃く感じられ、こちらも美味しく頂きました。
帳場から重いお膳を抱え外廊下を歩いて配膳されているのに、温かいお料理も冷めておらず感激でした。
接客は滞在中を通して同じスタッフの方(と思いますが、女将さんのような?風格)が対応してくださいました。気さくで気取らず、地元のあるあるや世間話など、楽し気な方でしたので、気持ち良く過ごせました。
チェックアウト後はまた吊り橋を渡り駐車場まで送迎頂きました。
総合的にCPは高いと思います。景観、部屋や風呂の設え、お料理など、税抜き33k¥のお値段を考えれば大満足の内容だったと思います。
ただ家から遠い事だけが難点。3~4時間程度で行ける場所でしたら毎年通っても良いと思える宿でした。
最後に、看板犬のはち君(首輪のタグはハッチー君だった?)も一杯撫でさせてもらいましたので、また会いに行きたいと思います。

宿泊年月 2021/04 利用シーン カップル・夫婦 使った金額 ¥30,000〜¥39,999 参考になった、ありがとう!(1)

2021

04/20

花かんざし (東北/福島県)
3.8 食事4.0 風呂4.5 施設3.5 景観3.0 サービス4.0 CP4.0
761 16189916562021/04/21ティアナ924/reporters/761美味しかった朝食
761 16189915682021/04/21ティアナ924/reporters/761美味しかった夕食
761 16189915272021/04/21ティアナ924/reporters/761美味しかった夕食
761 16189914742021/04/21ティアナ924/reporters/761美味しかった夕食
761 16189914092021/04/21ティアナ924/reporters/761夕食(最初に出ていたもの)
761 16189912982021/04/21ティアナ924/reporters/761露天風呂(男女入替制)
761 16189912152021/04/21ティアナ924/reporters/761大浴場(男女入替制)
761 16189910632021/04/21ティアナ924/reporters/761部屋付きの露天風呂
761 16189909892021/04/21ティアナ924/reporters/761部屋(撫子)
761 16189908782021/04/21ティアナ924/reporters/761趣のあるお休み処
761 16189907712021/04/21ティアナ924/reporters/761趣のあるラウンジ
761 16189907072021/04/21ティアナ924/reporters/761階段に置かれていた置物
761 16189906192021/04/21ティアナ924/reporters/761畳の敷かれた廊下
761 16189905452021/04/21ティアナ924/reporters/761お土産品売り場
761 16189904712021/04/21ティアナ924/reporters/761直ぐ道路に面している正面入口
部屋の温泉掛け流し露天風呂はとても良かった

建物は築70年と言うが、内部は改装されており古さを活かした造りでした。部屋は源泉掛け流し露天風呂付の撫子。部屋も改装されて居ましたが照明が少し暗く感じられました。温泉は安達太良山の、くろがね小屋付近から約8km、標高差900mの引き湯をしておりその間に湯もみされて柔らかな湯となるという。PH2.5の単純酸性泉で少し白濁したお湯で気持ちが良かった。大浴場にも一度行きましたが部屋付きの温泉風呂があるので、何度も気軽に入浴でき贅沢な一時を過ごす事が出来ました。食事は朝晩とも個室の食事処でいただきました。量もちょうど良く美味しかった。我々が到着時、部屋へ案内される前にお香を焚いた様ですが香りは個人により好みがあるので、無臭の方が良いと思いました。昨年秋にくろがね小屋に宿泊したとき、とても温泉が良かったので同じ温泉の岳温泉にも宿泊しました。

宿泊年月 2021/03 利用シーン カップル・夫婦 使った金額 ¥20,000〜¥29,999 参考になった、ありがとう!(0)

2021

04/10

望水 (東海/静岡県・北川温泉)
4.0 食事4.0 風呂4.0 施設4.0 景観4.5 サービス4.0 CP3.5
883 16180388342021/04/10lancertaketo/reporters/883朝食一通り
883 16180387842021/04/10lancertaketo/reporters/883夕食デザート
883 16180387462021/04/10lancertaketo/reporters/883石焼和牛ステーキ
883 16180387062021/04/10lancertaketo/reporters/883お造り(鮪、鯛、金目鯛、鰆、サザエ)
883 16180386092021/04/10lancertaketo/reporters/883先付&前菜
883 16180385342021/04/10lancertaketo/reporters/883夕食お品書き
883 16180384982021/04/10lancertaketo/reporters/883日日庵前室
883 16180384382021/04/10lancertaketo/reporters/883ガゼボ波まくら3
883 16180383792021/04/10lancertaketo/reporters/883ガゼボ波まくら2
883 16180383492021/04/10lancertaketo/reporters/883ガゼボ波まくら1
883 16180383002021/04/10lancertaketo/reporters/883椿の湯露天
883 16180382662021/04/10lancertaketo/reporters/883椿の湯内湯
883 16180382162021/04/10lancertaketo/reporters/883石楠花の湯露天
883 16180381822021/04/10lancertaketo/reporters/883石楠花の湯内湯
883 16180381392021/04/10lancertaketo/reporters/883部屋からの眺望
883 16180380792021/04/10lancertaketo/reporters/883202号室「黄瀬」ベッドルーム
883 16180380332021/04/10lancertaketo/reporters/883202号室「黄瀬」リビング
883 16180379752021/04/10lancertaketo/reporters/883海と一緒に
883 16180379402021/04/10lancertaketo/reporters/883海辺からの外観
883 16180378902021/04/10lancertaketo/reporters/8838階エントランス
眺望とガゼボが良かった

2021-4-3宿泊。毎年恒例となりつつある春の伊豆方面旅。結果的に今年は暖かく、雪の心配も無さそうで北の方面でもよかったかもしれませんが、以前から気になっていた宿でもあるので予約変更せず、訪問してきました。
今回は東名が大渋滞だったため14:00インに対して14:45頃到着。15:10からプライベートガゼボの「波まくら」を予約していたので途中焦りました。間に合ってよかったです。
エントランスに到着するなり係の方の案内あり。車のキーを預けて玄関を入ります。ここはエントランスが高台にあるため8階となっており、1階の海辺に駐車場があるスタイル。そのままラウンジでお茶を頂きながらチェックインし、即お部屋へ案内となった。
宿は伊豆北川温泉の海辺に建つ8階建て全33室の比較的大型旅館。何といっても目の前に東伊豆の海が広がり眺望は抜群。8階にフロント、ラウンジ、土産処、7~5階は客室、4階にガゼボ、3階には客室の他サロン、スパなどもあり、2階は私共の宿泊したムーンロード客室、1階が大浴場。昭和の旅館であるが故の造りをしており、配管や設備の関係で1階に大浴場を作ってしまったという感じ。折角露天風呂もあるのに塀に囲まれ眺望なしであるのが残念。ところどころリニューアルはされているが古さは否めない。
部屋は2階ムーンロードスタンダード、202号室「黄瀬」。各部屋は静岡県を流れる川の名を付けているそう。2020年7月にリニューアルされモダン和洋室となっており、部屋を入った手前にリビング、奥にオーシャンビューの寝室。窓一面に水平線が眺められる。但し2階のため、目線を上げると海辺の駐車場が見え、うちの車も確認できる。昔和室10畳程度の部屋であったと思われ、それほど広くはないが2人には十分であった。玄関脇に洗面台、シャワーブース、トイレ等の水回りが集約され、リビングにはソファが置いてあり、他クローゼット、冷蔵庫(中味は有料)、ネスプレッソなどの水屋、壁掛けTVなど、狭い分機能的ではあった。ツインベッドはローベッドの造りであり、硬さも程よく寝心地は良かった。リニューアルして間もないため、綺麗で過ごしやすかった。
温泉は敷地内に湧く北川開発源泉、海の近くであるが故にナトリウム・カルシウム-塩化物泉。源泉温度が84.8℃のため、加水循環とのこと。石楠花の湯と椿の湯があり、それぞれ内湯と露天があり、石楠花の湯の方が広く、内湯は10人以上入っても余裕と思います。一方椿の湯は古代檜風呂とのことで雰囲気はこちらの方がよかった。夜中に男女入替制。湯温は40℃ちょっと位に設定されているようで、比較的長湯が可能だが、前述のように露天共に眺望がない点が残念。湯上がりサロンは充実しており、マッサージチェアが設えてあったり、飲み物、ところてん、生野菜など時間によって様々なサービスあり。また、時間制で貸し切れるガゼボは特筆もの。4階に6つ設えてあり、うち2つはスィート宿泊者用。部屋を改造し、丸ごと貸切風呂にした感じ。景観、眺望、雰囲気ともに良く、50分では物足りなかった。どうせなら露天風呂付客室を作ってほしいと思います。更に今回は入浴しなかったが波打ち際にある北川温泉名物の露天風呂「黒根岩風呂」まで歩いて行ける点も付け加えておきます。
お料理は比較的レベルが高かった。正直、伊豆の大旅館の磯料理を想像していたので、思ったよりは繊細で、お造りなど食材も吟味されているよう見受けられた。今回はお肉プラスプランとしたため石焼き料理は鮑ではなく和牛ステーキでしたが肉の質もなかなか良かった。ただ石の熱し方が甘く、後半肉を置いてもジューっという音もなく焦げ目がつかず半生状態であった点は残念。時間的にどのくらいの食材なら温度を保って焼く事が出来るか検証しておいて頂きたい。良い食材もちゃんと調理出来なければ美味しさ半減。また、プラン名が紛らわしく「海の幸はもちろん!お肉も少々」であり、通常プランにお肉プラスと思いきや、鮑無し。若干損した気分でした。あとデザートがもう少し洗練されていればという印象でした。今時はコンビニスイーツの方が良く出来ているように感じました。しかしながら2階ムーンロードのお部屋は専用のダイニング「日日庵」という食事処で頂くため、比較的タイムリーに配膳されるので温かいものは温かく、口に合わないものもなくほぼ完食した。また食事時間まで前室で待つ少しの間ではあるが、フリードリンクやおつまみのサービスがあり嬉しい。朝食は一般的な和食のもので洋食の選択肢はない。前日のうちに好みの干物を選べるスタイルであり自分で焼いて熱々を頂く。気になった点は給仕の方が新人さんっぽく、気配りが今一つ、配膳の際に食器を音を立てて置くなど、所作がまだまだであった。
接客はベテラン、新人さん、外国の方入り乱れた総力戦といった感じ。コロナの影響もあまり関係なく満室であったため、若干人手不足な点や人によってサービスにムラがあったように見受けられるが、一生懸命対応されている雰囲気は伝わってきました。また時間と場所によって、様々なサービスを展開しておりお客を飽きさせないよう趣向を凝らしている点は楽しめる要素であると思います。しかし10:00アウトなので客が集中し、いちいちスタッフが車を1階まで取りに行っては8階に車寄せするため待ち時間が多く、この点は何か配慮が必要ではと思いました。
総合的にCPはまあ納得でした。プライベートガゼボ、お部屋の設えと眺望は良かった。プランにもよるかもしれませんが、HP予約特典でワンドリンクサービスでしたので、ラウンジにてメニューの中からどれでも好きなものをオーダーできたり、各所でドリンクサービスなどもあり、冷蔵庫を使わずとも飲み物には苦労しませんでした。
伊豆は近場で競争相手も多いので、お料理がもうワンランク上でないと再訪は厳しいかな~。機会があったらということで。

宿泊年月 2021/01 利用シーン カップル・夫婦 使った金額 ¥40,000〜¥49,999 参考になった、ありがとう!(0)

2021

04/04

源泉の宿 ゆの森 (北関東/栃木県・日光湯元温泉)
2.8 食事2.0 風呂4.0 施設3.0 景観3.0 サービス3.0 CP2.0
期待外れでした

一人3万円を超える宿泊料を支払ったのに一番期待していた食事が期待外れでがっかりでした。ステーキが出たのですがこの程度の肉なら二万円程度の金額でも食べられますよ!という肉でがっかり! 部屋もごく普通の部屋だったので料理に期待していたのでショックは大きかったです。強いて挙げるなら濁り湯の温泉はよかっつたです。

宿泊年月 2019/10 利用シーン カップル・夫婦 使った金額 ¥30,000〜¥39,999 参考になった、ありがとう!(0)

2021

01/27

お宿 うち山 (東海/静岡県・伊豆高原温泉)
4.3 食事5.0 風呂4.5 施設4.5 景観4.0 サービス4.0 CP3.5
883 16117307972021/01/27lancertaketo/reporters/883朝食デザート「オレンジジュレ&ヨーグルト」
883 16117307212021/01/27lancertaketo/reporters/883朝食、鮑餡かけ
883 16117306762021/01/27lancertaketo/reporters/883夕食水菓子「苺リコッタミント」
883 16117306052021/01/27lancertaketo/reporters/883温肴「百合根饅頭」
883 16117305552021/01/27lancertaketo/reporters/883お凌ぎ「いくらすし」
883 16117305202021/01/27lancertaketo/reporters/883焼肴「榊山牛ステーキ」
883 16117304602021/01/27lancertaketo/reporters/883お造り「鮪、石鯛、ひらめ」
883 16117304092021/01/27lancertaketo/reporters/883お椀「金目鯛酒蒸し」
883 16117303562021/01/27lancertaketo/reporters/883皿「鮑天ぷら」
883 16117302962021/01/27lancertaketo/reporters/883はじめに「河豚白子」
883 16117302322021/01/27lancertaketo/reporters/883食前酒「磯自慢大吟醸」
883 16117301782021/01/27lancertaketo/reporters/883夕食お品書き
883 16117301452021/01/27lancertaketo/reporters/883われもこう内湯
883 16117301112021/01/27lancertaketo/reporters/883われもこう露天
883 16117300702021/01/27lancertaketo/reporters/883露天&内湯
883 16117300152021/01/27lancertaketo/reporters/8832階ベッドルームからの眺め
883 16117299622021/01/27lancertaketo/reporters/8832階ベッドルーム
883 16117299142021/01/27lancertaketo/reporters/8831階主室と広縁
お籠り系の高級宿

2021-1-23宿泊。ずっと伺いたいと思っていたが週末はいつも予約がいっぱいの宿。2回目の緊急事態宣言の影響で一時的に空きが出た。ちょうど別の宿をキャンセルしたタイミングと合い運良く訪問となった。首都圏在住でありこんなご時世なので、事前に宿へ問い合わせし了承を頂いた上での訪問です。
今回は行程途中で忘れ物をした事に気づき、一度家に戻るといった失態もあり、16:00頃到着。当日は前線や低気圧の影響で大荒れの天気。駐車場に着くとスタッフが傘を持って駆け寄って来てくれ、即お部屋へ案内されINとなった。
宿は伊豆高原・大室山の東側山麓の高台にある住宅地の中にひっそりと佇む。全6室離れの典型的なお籠り宿。敷地もこじんまりしており、庭のすぐ隣には住宅が見える。玄関を入るとこじんまりしたパブリックスペース。ロフトになっているラウンジ的なスペースに、フロントと土産処が申し訳なさそうに設えてある。扉を開けて外廊下に出ると、右側に食事処と厨房、左側に離れの6室がズラリ。大浴場や貸切風呂はありません。
部屋は一番リーズナブルな雪タイプ「われもこう」。玄関踏み込みを入ると正面にメゾネット2階に上がる階段、右手にトイレと主室へつながる。主室は10畳、奥に5畳程度の広さのフローリングの広縁、広縁には洗面台と冷蔵庫(中味は有料)、ネスプレッソなどの水屋あり。2階へ上がると主室と同程度の広さで板張りのツインベッドルーム。そしてテラスに部屋付き風呂あり。テラスに露天、隣接して内湯と湯舟が2つあるのが嬉しい。部屋全体が大正ロマンをテーマとした造りとのことであるが、清掃は行き届き綺麗に保たれていた。テラスの露天からは伊豆高原の街並みとその先に海が望める。本当は伊豆大島なども見えるのであろうが、荒天のため眺望は皆無であり残念。アメニティはお高いもので種類も豊富。鍵は1つでしたが今回は部屋からほぼ出ないため無問題。部屋着も作務衣、浴衣、バスローブと何でも揃っている。TVは1階、2階に各々完備。今一な点(改善点)は、2階テラスの窓の網戸が建て付け悪し、開閉時手をケガしそうになった事と、広縁の水屋の照明が非常に暗くネスプレッソ説明書が良く見えず、操作を誤り2~3個ムダにしてしまった。また、テラスから庭を見るとビールの空き缶が落ちていた・・・一応指摘しておきました。
温泉は大室温泉の引き湯で内湯、露天ともかけ流し。但し加温加水あり。温度設定はフロントに頼んで好みにセッティングできる。基本設定は内湯40°C、露天41°Cとのことであったが、最終的には内湯38°C、露天40°Cに下げてもらった。と言うのも、湯舟に温度センサーが仕込んであり、設定温度を下回ると自動的に熱い源泉がドバドバ注入される仕組み。また内湯は狭く窓がはめ殺しのため熱気がこもる。最初はわからず好みで加水していたが、突然源泉が注入されるので熱い~温いを繰り返し、お湯と格闘してしまいました。露天は解放感があり大変気持ち良い。好天であったなら言うこと無かったであろう。
お料理は大変美味しく頂いた。食材もよく吟味されており高級な食材も相当使われていた。コロナの影響で食事処を使用せず部屋食であったが、全て出来立てと思える状態で提供頂いた。外廊下は雨風が凄い状況であったので、仲居さんのご苦労の賜物であったのか。味付けの塩梅も良く私共の好みに合っていた。食材そのものも素晴らしいが、下ごしらえが良いのであろう。途中ステーキの時にご飯を一緒に頂けないか要望したところ、献立順に合わせて炊き込むのでと言われ、結果間に合わず、ご無理を言ってしまった。最終的にはデザートまで、私共には量もちょうどよく満足のいくものであった。但しお値段を考えれば感動とまではいかず、この位のレベルは当然でしかるべきと思いました。朝食も品数豊富、ブログ等でしか見た事がない宿ご自慢のアワビ餡かけご飯も確かに美味しかった。夕食/朝食ともデザートが秀逸。新鮮な地のフルーツをベースに、ちょっとしたパフェ風のオリジナルで美味しかった。
接客はお籠りメインのため、IN/OUT時と食事時以外はほぼ接点なし。食事の時の仲居さんは所作も良く、お料理の説明も明瞭、時節柄の世間話にもお付き合い頂き、良い人に当たったようです。IN・OUT時のスタッフさん数名はお若い方が中心で、説明などは多少ぎこちないが一生懸命に対応されていると感じました。
CPは総合的にはまあ納得レベルでしょうか。特段悪い点は見受けられませんでした。お値段に見合ったお料理、お部屋や温泉の設えと思いますが、お籠り系なのでホスピタリティ溢れる接客やサービスは機会が少ない。また、このお値段で冷蔵庫内有料というのはちょっと的外れでした。
良いお宿で再訪したいとも思いますが、お値段からして気軽に行けないところが難点です。
緊急事態宣言の中、気持ちよく迎えて下さって感謝でした。

宿泊年月 2021/01 利用シーン カップル・夫婦 使った金額 ¥50,000〜¥59,999 参考になった、ありがとう!(0)

2020

12/31

旅館玉子湯 (東北/福島県・高湯温泉)
3.8 食事4.0 風呂5.0 施設3.0 景観4.0 サービス3.0 CP4.0
761 16093795462020/12/31ティアナ924/reporters/761部屋から見た玉子湯
761 16093794582020/12/31ティアナ924/reporters/761美味しかった朝食
761 16093794022020/12/31ティアナ924/reporters/761天渓の湯(露天風呂)
761 16093792732020/12/31ティアナ924/reporters/761天渓の湯(露天風呂)
761 16093792022020/12/31ティアナ924/reporters/761玉子湯入口
761 16093791232020/12/31ティアナ924/reporters/761美味しかった夕食(最初に並べられていたもの)
761 16093790302020/12/31ティアナ924/reporters/761掛け流しの足湯
761 16093789392020/12/31ティアナ924/reporters/761天渓の湯入口(露天風呂)
761 16093788502020/12/31ティアナ924/reporters/761歴史を感じる玉子湯
761 16093787132020/12/31ティアナ924/reporters/761畳の上にベッドは過ごしやすかった。
761 16093785662020/12/31ティアナ924/reporters/761ロビー、中は暖かかった。
761 16093784282020/12/31ティアナ924/reporters/761施設入口です。翌朝迄さらに20cm位雪が積もりました。
温泉は素晴らしい

道路は一部凍っていて圧雪、慎重に車を運転して旅館に着きました。
入るときに検温、手指の消毒、免許証提示等、施設側はコロナ対策に充分対処されていることが伺われました。 部屋に入ってから念の為に、自分達で換気と全面的に消毒を実施しました。 風呂は建物内に3か所、外に4カ所ありました。乳白色で硫黄臭のする、かけ流しの温泉です。内風呂は青乳白色のかけ流し。露天風呂は脱衣場が吹きさらしで寒く、床も冷たくて辛かったが温泉に入ると暖かくて、雪を見ながらの入浴は、とても贅沢な気分で気持ちが良かった。未だ暗い中の朝風呂にも入りましたが、誰も居らず独り占め、気分よくついつい長湯をしてしまいました。家に帰っても下着からは硫黄臭がしました。食事は山奥にもかかわらず丁寧に作られたもので美味しかった。館内では食事するとき以外はマスク着用、皆が触れるドアーやエレベーター等触れた後は必ず手指の消毒を実施して感染対策をして滞在して来ました。若い人達が頑張って働いている姿は好感が持てました。 滞在中は気持ち良く過ごす事が出来、又宿泊したい宿です。

宿泊年月 2020/12 利用シーン カップル・夫婦 使った金額 ¥10,000〜¥19,999 参考になった、ありがとう!(0)

2020

12/09

松濤館 (東海/静岡県)
3.8 食事3.5 風呂4.5 施設3.5 景観4.5 サービス3.5 CP3.5
883 16075147102020/12/09lancertaketo/reporters/883朝食ひと通り
883 16075146592020/12/09lancertaketo/reporters/883部屋からの眺望
883 16075146032020/12/09lancertaketo/reporters/883部屋半露天からの眺望
883 16075145592020/12/09lancertaketo/reporters/883部屋半露天
883 16075145132020/12/09lancertaketo/reporters/883湯上りサロン
883 16075144772020/12/09lancertaketo/reporters/883富士の湯露天からの眺望2
883 16075144262020/12/09lancertaketo/reporters/883富士の湯露天からの眺望
883 16075143772020/12/09lancertaketo/reporters/883富士の湯露天
883 16075143352020/12/09lancertaketo/reporters/883愛鷹の湯露天
883 16075142872020/12/09lancertaketo/reporters/883愛鷹の湯内湯
883 16075142472020/12/09lancertaketo/reporters/883温泉成分表
883 16075141832020/12/09lancertaketo/reporters/883402号室「汐花」
883 16075141372020/12/09lancertaketo/reporters/883エントランス
883 16075141072020/12/09lancertaketo/reporters/883宿外観全体
絶景は納得も美食は??

2020-12-5宿泊。12月に入り雪の影響が出始めるので近場・伊豆の宿を開拓するためリサーチ、各予約サイトの評価点がなかなか良かったため選定、HPで「絶景の美食宿」と謳われておりこの点期待で伺いました。結果「絶景」は納得でしたが「美食」については若干疑問符が。
宿は沼津の南、三津海水浴場の海にせり出すように佇み、あたかも海の上にいるかのような立地です。部屋によっては2019年に一部リニューアルされているようで、館内全体はそこそこ綺麗に保たれ、様々な美術品が飾られている。入口、フロントが2階、1階が食事処、3~5階が客室、6階が大浴場という造り。宿の前の道路は海岸沿いの1本道で朝から晩まで結構頻繁に車が通り以外と騒音あり。
14:30INに対してほぼ時間通り到着。宿の前には数名のスタッフがお出迎え。車のキーを預けて館内へ。ロビーで待つよう促されソファに座った矢先に部屋へご案内となった。コロナの関係でチェックインは部屋でとのこと。
部屋は402号室「汐花」。玄関踏み込みに冷蔵庫とお茶セットがあり、主室は12畳で中央にはダイニングテーブルあり。主室周りに2畳ほどの広縁、8畳ほどのツインベッドルーム。洗面所の奥には部屋付き半露天風呂あり。部屋は年季を感じるが掛け軸などの調度品は趣のあるものであり清掃状態はそこそこであった。良い点は広縁の窓が非常に大きく海と富士山がバーンと見えてまさに絶景。また半露天風呂は洗い場も広くゆとりがあり、窓を開けると正面に富士山が見えて眺望良し。鍵はちゃんと2つ、お好みの作務衣も完備。今一な点(改善点)は、半露天風呂が完全循環であることと床の石が大変滑り易い素材で注意が必要、広縁の窓が大きい分、対岸の遊覧船乗り場やコンビニから丸見えなので要注意。冷蔵庫内は旅館価格で、水ペットボトルのみ1人2本無料。
パブリックスペースは2階にロビー、ラウンジ、お土産処、6階に湯上り処とマッサージ処がある。6階大浴場スペースには無料の給茶機あり。湯上り処には自販機とマッサージチェアが2台設置されている。
温泉は大浴場が「富士の湯」、「愛鷹の湯」とあり夜中に男女入れ替え。他に貸切風呂と酵素風呂があるが有料のため使用せず。大浴場は内湯では窓越しに、露天は直に海と富士の絶景を見渡せ眺望は抜群。内湯、露天とも5~6人程度は問題ない広さ。ただし土地柄温泉は湧出しておらず、大仁温泉から源泉を調達しているため完全循環である。そのため湯温は安定せず、体感で40~43℃前後くらいまでタイミングによって幅がある。また時々ボイラーらしき音がするのでちょっと街中の日帰り温泉のよう。温泉成分は塩化物・ナトリウムが主で最初のうちは身体がかゆくなった。訪問当日は曇が多く眺望は今一であったが翌日は朝からすっきり晴れ絶景を拝めたので良かった。
お料理は残念ながら「美食」という印象ではなかった。そこそこ美味しく特に口に合わなかった物は無いものの、コロナの影響か、先付と前菜、椀物とお造り、凌ぎと焼き物、お鍋と揚物、といった具合で数品ずつ提供され、食事処を使わず部屋食であった事もあり少々作り置き感があった。お鍋以外は熱々という感じがなく、その点どうしても1段評価が下がる。また各食材にかけられたタレ・ソースの類がはっきりした味付けで素材の味があまり感じられませんでした。伊豆という土地柄海鮮の素材を多用されていますが地のものと思えるものは半分もあるかな?という印象。ちょっとした旅館の懐石料理といった感じで私共にとっては独創性・驚き・感動がそれほどありませんでした。朝食においても出来立てと思えるものは鯵の開きのひものくらいだったでしょうか。そして朝食は和食の一択。
接客はそれなりの旅館レベル。IN・OUT時のスタッフの多さにはびっくり。多人数の割には対応はそれほどスムーズではない。給仕の方は若干マニュアル気味、食事のペースや様子伺いなどの気づきはそれほどではなく、左利きである事にも気づかず朝食の時の配膳も右利き用のままであった。ホスピタリティは高級旅館とまではいかないかなと感じました。
総合的にCPはギリギリ納得でしょうか。半露天風呂を備えた部屋と温泉からの眺望は素晴らしいが、お料理、接客、サービス面などは高級旅館の雰囲気は感じられず。美食というからには何か特色のある素材や調理法であったり、盛り付け、熱い冷たいの温度にもう少し配慮があった方が良いと感じました。
今回もGoToトラベルの割引に少々助けられた感がありました。絶景は納得でしたが楽しみのお料理はリピートしたくなるほどではありませんでした。

宿泊年月 2020/12 利用シーン カップル・夫婦 使った金額 ¥30,000〜¥39,999 参考になった、ありがとう!(0)

2020

11/28

炭平 (近畿/京都府)
2.8 食事4.0 風呂1.0 施設3.0 景観4.5 サービス3.0 CP1.5
自然の恵み 蟹に感謝

山陰地方には蟹と魚お肉、温泉を楽しみによくきます。此方の蟹は緑タグの日本でも有数の蟹、近くに大陸棚が有り、日帰りで漁に出れるので釣った蟹にもストレスなく市場に出せるので、評判は頗る良いです。ただ値段が高いのがネックです、関西から食べにっても、取れなくたべれない事もよくあります。たいざかに出会えるのは自然とりょうしさんに感謝です。今回のお宿は蟹で有名の此方の宿、夜の食事は夜5時からの二交代制、あまり個人的には好きでは無いですがこのご時世なので仕方ないのかもしれません。カニは前半の蟹と後半の蟹は明らかに違いました。前半の蟹は流石と思わせる物後半は微妙、口コミに有りましたが、蟹の捌きは微妙かも
ロビーに料理長こだわりのおでんが有りましたが近くのローソンの方がいいかものレベル、サービスで出されて文句は失礼だと思いますが、料理長こだわりのと描かれると長はローソン出身と勘ぐります、ごめんなさい
ただ朝ご飯は地方食豊かで非常に良かったです。接客も夜と朝とかなりの違いでした。
いつも思うのが蟹の宿は勘違いの多い宿が多い様に思います
僕たちは蟹に感謝して食べに行きます、何処の宿も自然に感謝すればお客の満足も高くなると思います
2人で25万円の支払いでした。cpはみなさんのご想像にお任せします(笑)
最後に温泉ですが小学校時代のプールを思い出しました。身体には温泉の匂いではなく、塩素の香り満開べした

宿泊年月 2020/11 利用シーン 家族 使った金額 ¥100,000〜 参考になった、ありがとう!(0)

2020

11/08

茜彩庵 山水 (北関東/群馬県・磯部温泉)
3.8 食事5.0 風呂3.0 施設3.0 景観4.0 サービス4.5 CP3.0
984 16048263212020/11/08たっちゃん/reporters/984人工的な建物があまり見えない神流湖
984 16048259602020/11/08たっちゃん/reporters/984三波石をお皿にして上州牛
お料理を目的に

神流湖の景色がきれいです。でもあまり有名な観光地ではないせいか(紅葉と冬桜と三波峡はよかった)周囲にこれといった店などはありません。お風呂も温泉ではないし館内も飾りつけで気配りされながらもやはり古さは否めません。階段上下は足が悪いと大変かと。でもお料理は素晴らしいです。高級食材を並べるというより地元産食材を利用した創作和懐石といった感じです。その食材の利用の仕方や食器にも工夫が凝らされ楽しい時間を過ごすことができました。お料理をめあてに行く宿だと思います。

宿泊年月 2020/11 利用シーン 友人・知人 使った金額 ¥10,000〜¥19,999 参考になった、ありがとう!(0)

2020

11/08

辰巳屋山荘 里の湯 (東北/福島県・土湯温泉)
4.5 食事4.5 風呂5.0 施設4.5 景観4.0 サービス5.0 CP4.0
花村はすばらしい

この宿は経営者が変わり、「土湯別邸 里の湯」と宿の名称も変更されコロナ禍のなかリニューアルオープンしたそうです。ラウンジから廊下にかけて洗える琉球畳がきれいに敷き詰められ、床暖房も入っており快適。ドリンクフリーのサービスがラウンジ、部屋、外露天の脱衣所にあり、ビールまでありますから湯上りに一杯やりたい人にはよいでしょう。階段をしばらく下ったところの名物露天風呂は日暮れ以降は周囲の景色が見えなくなるので予約時間には注意が必要です。到着が遅れてお風呂の予約順が後になってしまうと満室で陽の短い季節はへたすると日没後の1回しか滞在中に入れない可能性もあります。今回は2泊したのでなんとか大丈夫でしたが。逆に空いていれば1回といわず何回もリクエストできるようです。男性スタッフが多く皆親切で、そのあたり相談してみるとよいのでは。高級日本旅館の女将さんや着物姿の中居さんはおらず、かといっておしゃれな大人の宿を気取っている感じでもなく、自分は好感がもてます。離れの「花村(かそん)」は贅沢にとられたスペースが住みたくなるような居心地の良さ。もちろんお値段はかなり高額(今回はGOTO利用)ですが、内容を考えるとコスパは他の部屋よりよいのでは?お風呂に入りにでかけるのに鍵がひとつなのはやや不便かと。

宿泊年月 2020/11 利用シーン 家族 使った金額 ¥50,000〜¥59,999 参考になった、ありがとう!(0)

※掲載のクチコミ情報・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。

ページトップへ