富士屋旅館(東北/福島県)のクチコミ一覧

ログイン 新規レポーター登録

no image


富士屋旅館(東北/福島県) 3.60

クチコミ・写真投稿する

投稿日 2012/05/09
あんくるかーるさんのクチコミ 50代男性 4.5 食事4.0 風呂5.0 施設4.0 景観5.0 サービス4.0 CP5.0
富士屋旅館のクチコミ

2012年5月4日。1962年に映画「駅前温泉」のロケで使われた映像そのままの建物が近代的な大型宿に挟まれてひっそり建つ。重厚な造りの玄関も階段も映画そのままで嬉しくなる。男女別の内風呂は年季が入っているが柱のデザインのアールが美しいローマ風。当時は相当にモダンだったはず。自然湧出の自家源泉は60度で芒硝臭が漂う。しかし源泉湯口からはっきりした硫黄臭が香る。源泉場所の近くに浴室を作ったため男湯、女湯、家族風呂が横並びだがそれぞれ異なる階段で浴室に下りていく構造も凝っている。シャワーもカランもないが気に入った。温泉分析書には単純泉とあるがこれは分析機関の誤り。硫黄成分が2.0mg以上あれば硫黄泉。硫化水素イオン(分析表は何故か「水素イオン」と表記)1.1mg、チオ硫酸イオン0.9mg、ガス成分の遊離硫化水素0.1mgで合計2.1mgなので正しくは単純硫黄泉。成分合計が900mgほどなので単純泉と呼ぶにはもったいない名湯。部屋は源泉かけ流しの内湯がついた13号室。8畳と12畳の2間にわたる広縁にはソファと炬燵が並ぶ。昭和初期に作られた部屋だそうだが木目の美しい天井はピカピカで古さより威厳を感じる。源泉内湯つきの部屋はいくつかあるそうだがここは特別室格と聞いて納得。昭和初期に源泉風呂つきの部屋を作るとはすごい先見の明。目の前は摺上川と新緑の山の木々のみ。川の音が心地よい。部屋の内湯はカランから好きなだけ源泉が出せる。カランは芒硝泉特有の白い結晶に覆われ、水道の蛇口は硫黄成分で黒く変色し歴史を感じる。温まりが良く熱めでしゃきっとするお湯で連れ共々8~9回堪能した。夕朝食はお膳で一度出しだがこれぞ温泉宿の食事で美味。刺身は新鮮で米なす、炊いた蕪のあんかけは美味!温厚そうな笑顔の社長とテキパキ動く女性スタッフたちが印象的。古い建物だけに震災の傷みが目立つが少しずつでも改修して守って欲しい。値段は安くて申し訳ないほど。当然再訪!

参考になった、ありがとう!(0)

カテゴリ別の点数

総合評価 3.60
食事 3.2 施設 3.2 風呂 4.0 景観 4.0 サービス 3.2 ※CP 4.0

※CPはコストパフォーマンスの略です。

利用シーン別クチコミ投稿数

この旅館を予約できるサイト

旅館情報&地図
旅館名 富士屋旅館(東北/福島県)
TEL・予約 ネット予約
住所
アクセス
客室数
予算(レポーターより)1名あたり 情報なし
この旅館の情報情報なし

※掲載のクチコミ情報・写真など、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信などを禁じます。

ページトップへ